イチゴリラ 〜トリッキー神経衰弱

ちょっとトリッキーなメモリー系ゲームです。

何がトリッキーかというと、、、

まずは、カードの絵柄が紛らわしい。

にんじんとだいこん、サンタと泥棒、ヨットと定規、ゴリラとごくう、、絵柄がそっくりです。

更には、1の数字は1枚だけ、2の数字は2枚、3の数字は3枚、と数字によってカード枚数が多くなります。

ゴリラとごくうの5のカードは、5枚づつありますので、5枚の場所全てをあてないともらえません。

それ以外に特殊なカードが2種類。

おばけは1枚だけあり、おばけを引くと全てを裏返しにして、どこかのカードとおばけの位置を入れ替えます。

にじのカードは2枚あり、他のカードを挟んで取れます。にじ→にんじん→にんじん→にじ、のように他のカードとはさんで一気にとれるルールです。にじだけ2枚をとることもできます。

イチゴリラのルールでは、カードを取ったプレイヤーは連続してカードをめくらずに、次のプレイヤーに順番を回すので、にじで挟めば連続してカードをとれるので、貴重なカードというわけです。

おばけと、にじは、上級ルールなので小さい子供がいる場合や、慣れないうちは抜いてやるのが良いと思います。

このように神経衰弱を基本としたメモリー系のゲームですが、トリッキーな仕掛けによって、より集中力を要し、より楽しくできるように工夫がこらされています。

有名なボードゲームやカードゲームは、ドイツやフランスなど海外のゲームが多いなか、イチゴリラは日本のカードゲームです。

イチゴリラ

対戦人数:2~6人

対象年齢:4才くらい〜

ルール概要:

・神経衰弱と同様に、全てを裏向きに並べます。

・一番最初にやる人は、「いちばん最近にゴリラを見た人」(公式説明書にそう書かれています笑)

 メモリー系のゲームは最初の人が不利なので、最初は年長者から始めるでいいでしょう。

・絵柄を全てめくれれば、そのカードを取ります。外れればまた裏返して次の人のターンです。

 2のカードなら2枚ですが、3のカードなら3枚揃える必要があります。

・1のカードは、1枚だけみつければ取れます。当てずっぽうで最初に1がでれば取れるということです。但し、他の絵柄を揃えている途中に1がでても取れません。

・普通の神経衰弱と異なるルールとしては、カードを取った人が連続してできません。カードをとった場合でも次の人にターンが移ります。

・最後に、一番多く取った人が勝ちです。

<上級ルール>

・おばけカードと、にじカードの特殊カードがに種類あります。

・特殊カードは抜いてプレイすることもできますし、どちらか片方だけを入れてプレイすることもできます。

・慣れないうちや、小さな子供がいる場合は抜いてプレイしましょう。

○おばけカードのルール:

・おばけは1枚入っています。

・おばけが出た場合は、めくってる途中のカードを裏に戻して、おばけのカードと、どれか他のカードの位置を入れ替える。

○にじカードのルール:

・にじは2枚入っています。

・にじは、他のカードを挟んでとることができます。

・例えば、にじ→サンタ→サンタ→サンタ→にじ、という順番でとると、いっきに5枚とれるということです。

・挟むカードは何でも挟めるということではありません。取れるカードを挟むということです。

例えば、にじ→サンタ→サンタ→どろぼう、というようになったら途中で失敗なので、全て裏に戻して次の人に順番が移ります。

・にじ→にじ、と普通のカードのようにとることもできます。

-----------

知育ボードゲーム協会主催のキッズ・ファミリー向けの

ボードゲームワークショップでプレイできます。

近日中の予定ワークショップイベントはこちら

-----------


カテゴリー
最新記事