ドブル 〜集中力の持続

ドブルという 絵合わせゲームです。

1枚に8種類のマークが書かれている55枚の丸いカードを使います。

このカードが不思議なところは、どの2枚のカードを見比べても、必ず同じマークが1種類含まれていることです。

全部で50種類くらいのマークがありますが、どの2枚を持ってきても、かならず1つだけ同じマークがあります。その同じマークを素早く見つけます。

試しに、この6枚のカードの好きな2枚を見比べてみてください。必ず同じマークが1つ入っているはずです。

マークの向きや大きさが違うと意外となかなか見つけられなかったりします。

カードは全部で55枚あり、ゲームにはかなりの集中力が必要です。簡単なゲームですが集中力の持続の訓練になります。

ドブル/DOBBLE

対戦人数:2~8人

対象年齢:説明書の上では6才以上となっていますが、4才くらいから出来ると思います。

ルール概要:

・数種類のゲームのやり方があります。

・どのルールも基本的には、2枚のカードの中にある同じマークを早く見つけることです。

・最も簡単でやりやすいゲームはタワーリングインフェルノです。

・上の写真のように、真ん中に表向きにカードを積み上げたタワーを作り、プレイヤー毎に一枚づつカードを配ります。

・真ん中のタワーと、自分のカードの同じマークを見つけ、「ハテナマーク」とか「水滴」とか宣言します。

・一番早かった人が、タワーの上のカードを取り、自分のカードの上に重ねておきます。

・すると、タワーの次のカードが出てきますので、次のターンがすぐに開始されます。

・中央のタワーのカードがなくなった時に手持ちのカードが一番多かった人が勝ちです。

・記号を何と呼ぶことにするかなどは皆で決めましょう。

-----------

知育ボードゲーム協会主催のキッズ・ファミリー向けの

ボードゲームワークショップでプレイできます。

近日中の予定ワークショップイベントはこちら

-----------


カテゴリー
最新記事