キャプテンリノ 〜建築学的センス

July 27, 2017

 

カードを使ったゲームというと、カードの絵柄を使ったゲームが普通ですが、

このゲームはちょっと違います。

 

なんと、カードをバランスを取りながら積み上げていくゲームになります。

 

子供向けおもちゃで有名なドイツのHABA社のゲームで、ドイツのキッズゲーム大賞ノミネートもされています。

 

 

カードは屋根のカードと壁窓のカードがあり、屋根カードに壁窓カードを立てていきます。

 

ビルを建築していくイメージでカードを積み上げて行きます。

 

ただし、手札カードにはいくつかのルールがあって、どのカードを出すかによって、

自分が有利になったり、他のプレイヤーを不利にしたりできます。

 

手先の器用さと戦略性もプラスした知育ゲームで知名度も人気も高いです。

 

もちろん、ビルを倒壊させたら負けになります。

 

 

キャプテンリノ

 

対戦人数:2~5人

     多人数で遊ぶのがオススメです

 

対象年齢:4歳くらい~

 

遊び方: 

・それぞれに屋根カードを手札として5〜7枚配ります。

 

・順番に壁窓カードを建てて、その上に手札の屋根カードを積みあげます。

 

・壁窓カードを積むときには、屋根カードに書かれている建築指示に従います。

 2枚で壁窓を作るとか、1枚だけとか、置き方などの指示が図示されています。

 

・屋根カードには「次の人休み」とか「屋根カードを2枚積む」など、

 いくつかの種類があり、多少の戦略性が追加されます。

 (詳細のルールは別機会の詳しくご紹介予定です)

 

・手札が最初になくなったプレイヤーが勝ちです。

 ビルを倒壊させたらそのプレイヤーは負け、その時に一番手札が少ないプレイヤーが勝ち。

 

・もし、全員の手札がなくなってビルが建てられたら、「全員勝ち」です。

 その場合は、20階立て以上のビルが立っていることになります!!

 

-----------

知育ボードゲーム協会主催のキッズ・ファミリー向けの

ボードゲームワークショップでプレイできます。

 

 

 

近日中の予定ワークショップイベントはこちら

 

-----------

 

 

Facebook
Twitter
Please reload

Please reload

カテゴリー
最新記事
Please reload