ブロックス 〜幾何学的センス

青、赤、緑、黄のカラフルなピースで陣地をとっていく囲碁のようなゲームです。

ドイツゲーム大賞にもノミネートされたことがあるフランス産ゲームです。

ドイツゲームはドイツ産だけということではないんですね。

大人でも戦略的にゲームを進めるのはなかなか難しいので、初心者だと大人でも子供でもあまり差がつきにくいです。

キッズを含めた家族でやるにもオススメだと思います。

将棋や囲碁と同様に、ルールは簡単ですがとても奥が深いゲームです。

「ルールが簡単」だけど「奥が深い」ゲームは数学的センスを高めます。

話題の将棋の藤井四段も数学が得意教科なんだそうですね。

ブロックス

対戦人数:2~4人

     4人で遊ぶのがオススメです

対象年齢:5歳くらい~

遊び方: 

・自分のターンで、角から自分の色の好きなピースを順々に盤上に置いていきます。

 ピースは色々な形のピースがありますので、どれをどのように使って行くかが考えどころです。

 ピースはどの色も同じです。

・ピースを置けるは、ピースの角と角がくっつくところだけ。

・ピースの辺がくっついているこのようには置けません

・角から、それぞれの色のピースがせめぎ合って敷き詰められていきます。

 ピースが置けなくなった時に、手元に余っているピースの面積が少ない人が勝ちです。

 ちなみに、かなり上手くやらないと全てのピースを置くのは至難の業です。

・最後使ったピースが1×1のピースだった場合にボーナスポイントが付く上級ルールもあります。

 (1×1のピースはとても有用で最後まで残して置くのは難しいので)

-----------

知育ボードゲーム協会主催のキッズ・ファミリー向けのボードゲームワークショップで

ブロックスもプレイできます。

近日中の予定ワークショップイベントはこちら

-----------


カテゴリー
最新記事